.

やっと売買する時という場面では、下準備を怠ってはならない。

トレードを始める前であったら起こる事を冷静に眺める事ができる余裕があります。

だがしかし、一度マーケットの内側に踏み込んでしまうと、どう試みても見え方が主観的になる事が多く、時として適切な見方がわからなくなるリスクを負います。

そのために自身のメンタルが合理的な状況で事前準備が不可欠です。

この”準備”とは、まずはあなたの脚本を書くことからスタートします。

この先の市場はああだから円をエントリーするといったあなたなりのストーリー展開を考えていきます。

その次はチャートを確認しましょう。

それ以前の為替相場の推移を確認して、今日の値動きを確かめます。

そうすれば、「今は相当行き過ぎた状態になっている」とか、他には「すでに大方の方がエントリーしているから今さら慌ててエントリーしてももう間に合わないな」ということが納得できます。

当然ですがしかけるのが遅いと感じたら、仕かけないで、その状況では吹っ切ることが大事です。

どう試みても自身の台本を押し通そうとして、無理やり新しく注文すると外国為替市場に跳ね返されてしまいかえって損害を受けることになります。

もっとも多くのケースで準備が出来ている自分なりの物語を考えているとすれば取引がやりようがないという状況にはならないと思います。

おそらく、リアルに外国為替市場が動意する前のはずです。

更に、差し当たり自分が取引しようとしている外貨ポジションの上下の動きを、注意深く確かめる事が肝心。

もしも、円安が進むと予想する脚本を書いたのであれば、該当する外貨の上下動に注目する事が大切です。

外国為替市場の変化を注目し始めた場面ではまだその通貨は誰の眼にも明らかに上げ下げする気配を見せず上や下に多少の上げ下げを繰り返しているだけだろう。

だけど、その推移をしっかりと調べているとあるところでじりじりと円安へと変動し始めます。

このタイミングでいよいよ、ドル買いの取引します。

ここまで周到に事前の準備を考えておけば、その売買で勝利する確率はかなり大きくなるはずです。