.

自己破産申請を実行したとしても裁判所などから家族に直に電話がかかるといった類いのことはありません。ライザップ 池袋

という訳ですから、親族に気付かれてしまい自己破産申請が可能だとも考えられます。ライザップ 千葉

しかし、実際には、自己破産を申し込む時点で公的機関から同じ屋根の下に住む両親や兄弟などの給金を証する書面や銀行の通帳の複製などという書類資料の提出を余儀なくされるというということがありますし、消費者ローンから家族へ電話がかかるなどということもないとは言えませんから親族に知られてしまわないように自己破産の手続きができるという保証は得られるものではないといえます。

確信犯的に隠して後に露見してしまうよりも、恥を忍んで話して家庭のメンバー皆が協力し合って自己破産の手続きを実行する方が安全でしょう。

しかし一緒に住んでいない家族であれば自己破産の申立てをしたのが事実が知れ渡ってしまうといったことはひとまずないと理解してください。

配偶者の賠償義務を失くすことを目的として離縁することを考えるカップルもいらっしゃるとのことですがまずたとえ婚姻関係を結んだ間柄だと書類で認められていも本人が保証人になってしまっていないならば法律上の強制は発生しません。

一方で、連帯保証人を請け負っている場合はたとえ離婚届の提出を行っても法的な責務は残っているので法的な支払い義務があるのです。

だから、婚姻関係の解消を行ったとしても借入金の支払に対する強制力が失われるようなことはないのです。

また往々にして金融会社が借り主の近親者に支払いの督促を行うようなこともありますが、保証人あるいは連帯保証人にサインしていないということであれば親子間又は兄と弟という類いの親族間の返済義務だとしても家族に法的な支払に対する強制力はまずないのです。

実は借入先が支払に対する強制力背負っていない家族や親族の人を相手取って催促を実行することは貸金業規制法に関する行政府の業務ガイドライン内で固く禁止されており督促の手段によっては貸金業の規制法の取立ての取り決めに違うことにもなります。

それを真に受ければ支払義務を負っていないにも拘らず債務をもつ人の親族が支払の督促を不当に受けたのであれあば、借りた会社に向けて支払請求を停止するよう注意する内容証明を出すのがよいでしょう。

人によっては、借りた人本人が可哀想だからと思うが故に借り主以外の家族や親類が返済義務を代理となって返済してしまうという話もありますが借りた本人好意に自立の心を忘れて継続的に多額の借金を蒸し返してしまうことがよくあります。

なので、借金を持つ本人気持ちを斟酌したら酷かもしれませんが借り手本人の手によって借金を返させるか、そのようなことが不可能ならば破産申し込みを行わせた方が債務をもつ本人長い人生を考える上では良いと言えるでしょう。