.

書籍の宣伝広告、ゴシップ新聞、電信柱に張り付けられた宣伝チラシやダイレクトメールなどで、「多重借金の整理整頓任せてください」「多重債務をまとめたくないですか」などの売り言葉を閲覧することがよくあります。こういうのは、「整理業者」「買取専門人」「紹介者」と呼ばれている企業のおとり広告の場合があるのです。このようなものを利用した場合では破産申請プロセスの中で最重要な免責許可を受けられない危険性が存在します。「整理屋」とは、ダイレクトメールなどで負債者を引きつけ常識外の費用を受けて負債整頓をするのですが実際のところ債務整頓は行われないで、債務人はもっと債務スパイラルに堕ちてしまうときがすべてと言ってよいでしょう。「買取業者」の場合、借金者のローンでデジタル用品、旅行の利用券を買い入れさせて、負債者から購入した物品を買った値段の10%ー半値で買い直すというやり方が知られています。負債人は一時的には金銭が手に入れられますが、必ずカード企業から品物の売値の支払い要求がくることになり、本当は負債額を増やすことになってしまいます。このときはカード業者に対する詐欺であるということになって免責承認を手に入れられなくなります。「つなぎ業者」は大手サラリーマン金融から断られるようになった債務者に対して、業者として資金提供は全くせずに、提供を可能である企業を紹介して、すさまじい依頼料を要求する会社です。紹介者は手の込んだ経由で資金提供可能となったというふうに説明しますが、本当は特に何もせずただ選考の甘めの業者を知っているというだけです。このときも実際のところ債務額を増やす結果となります。