.

個人の破産の手続きによると、申立人は最初に申立用の書類を所在地を担う地裁へ送ることになります。申請人が提出した申請があると地裁は自己破産の認可をしたほうがいい理由が存在するか否かといったことを調べる流れになり、審査の結果申請人に返済不可な様態などといった自己破産承認の条件が揃っていたら、承認が下されるわけです。しかし破産申請の認可がもらえても負債が消滅したことにはなりません。免責の決定をもらう必要性があります。免責は自己破産申請の手続きのときに返済が不可能な申立人の返済責任に対しては法のもと返済を帳消しにするということです。※つまりは債務を帳消しにすることです。免責に関しても、破産申請の認定の手順と同様で審理がおこなわれ審理のあとに、免責の決定が得られれば、申請者は負債から放たれることになり晴れて負債はゼロとなります、そうして、カードが使えなくなることを除き自己破産認定者の被る不利益から解放されるのです。このとき、免責非承認(負債をまっさらにしてもらえない)という判定がなされてしまうと返済および破産判定者の被る不利益は残ることになることは避けられません。破産の免責はどうしようもない事情で借金を負ってしまい苦しむ方々を助けだすことが目的のルールです。ですから財産を無いふりをして破産申立の遂行をしたりして、裁判官に偽の申請書を届けるなど破産システムを不正使用する人間であるとか、キャバクラなどの無駄遣いによって借金を抱えた方々については破産の承認プロセスを停止したり、免責手続きが許されません。法的には、免責適用を手に入れる資格が無い場合を今示した事例の他数種類準備されておりそれについて免責不許可の理由と表現します。